eBRAIN-J
 



〜ドライバーの快適性・安全性向上を果たす技術を基礎から学ぶ〜
自動車の振動・乗心地の解析・設計と評価

■指導講師 九州工業大学大学院 非常勤講師 工学博士 原田 宏氏 (前)トヨタ自動車
■受講料 1名につき      56,160円(本体価格52,000円、消費税8%)
2名以上1名につき 50,760円(本体価格47,000円、消費税8%)




Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。


■学習プロセスと要領の説明はこちら

カリキュラム 内容のポイント
第T講 上下運動解析モデルと振動・乗り心地特性
1.運動方程式と等価振動系
2.振動特性と特性値
3.振動特性の最適化
4.人体振動感度



バウンス・ピッチ運動、2自由度解析モデル、等価諸元
固有振動数、減衰比、振動伝達率、不動点、計測法
周波数特性、設計パロメータのチューニング
乗り心地評価、振動感覚フィルター
第U講 不規則振動解析手法と振動最適化
1.不規則現象の表現
2.自己相関関数とPSD
3.定常確率過程の解析方法
4.サスペンションの最適設計



定常不規則過程、時間平均と空間平均、路面凹凸の表現
時間領域、周波数領域での表現、PSDによる解析
ガウス分布、レイリー分布、自乗平均、等価振動特性
自乗平均の最小化、設計パラメータの最適化
弟V講 サスペンションの非線形特性と制御による振動抑制
1.等価線形化
2.不規則振動の等価線形化
3.制御サスペンション
4.アクティブサスペンション



非線形サスペンションによる振動抑制
等価ばね・減衰の計算式、レベル経過頻度と乗り心地
スカイフック・カルノップ・周波数感応ダンパー
基本メカニズム、最適制御、非平坦路での旋回
弟W講 車内騒音低減
1.聴感補正と騒音特性
2.回転次数分析
3、エンジン・駆動系騒音
4.シャシ系騒音
5.前後振動、他




騒音レベル(A,B,C特性)、周波数特性
バンドパス分析、トラッキング分析
エンジントルク変動・騒音、駆動系回転・トルク変動
足回り系振動・騒音、ロードノイズ、ブレーキ鳴き
駆動系振動、ブレーキ振動、風切り音、車体振動・騒音




Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。

© 2002 ISS Co.,Ltd. All rights reserved.