eBRAIN-J
 


トライボロジー理論により「漏れ」を合理的に対策する
【トライボロジーに基づく】最新シーリングテクノロジー
 〜密封・漏れの解明とトラブル対策〜

油、ガス、水・・・あらゆる流体の漏れに悩むエンジニアのための講座

■日時 2019年 3月27日(水)10:30〜16:30
■会場 産業科学システムズ会議室(東京・飯田橋)(地図はこちら
■受講料 1名 44,000円 +消費税8% 3,520円
2名以上1名 40,000円 +消費税8% 3,200円
≪セミナーコード 1101-190327≫

   【印刷用パンフ】     【お申込について】 


【よくある質問(FAQ)】 ※お申込む前に必ずご覧下さい。          

【お申込みアシスト】 ※お申込み手順を解説しています。

※開催日前14日目以降のキャンセルはお受けできませんので、
都合が悪い場合は代理の方がご出席をされますようご配慮をお願いします。
※録音機等の持込みはご遠慮願います。




Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。


講師のことば
 スペースシャトルチャレンジャーがごく小さい、たった1本のOリングの不調で爆発炎上したことはあまりにも有名であるが、このようにシステムにおいてシステム中の流体の漏れは、システム自体の機能低下をもたらし、最終的にシステムの機能停止、最悪の場合は重大事故をもたらす。
 いかに流体を封じ込めるかは、システムの死命を制する重大な問題である。この漏れの問題は、多くの技術者が昔から悩まされてきた問題であり、これからも悩まされ続けるであろう。
 では如何にしたら漏れに悩まされないで済むのであろうか。それには王道はない。しかし、シールや漏れに関する基本をしっかり把握して、適切な対処をすることによって漏れの問題から解放される可能性が高まるものと考えている。
 本講座では、シール技術を、トライボロジーの面から捉えて、漏れに対してシールの基本的考え方から対処することを紹介する。漏れに悩まされる多くの技術者の一助になれば幸いである。

※テキストは図表を多用した資料価値の高い内容です。


講師
似内 昭夫 氏 博士(工学)(東京大学) トライボロジーアドバイザー (元)玉川大学 工学部 教授
<講師プロフィール>1969年、玉川大学大学院工学研究科修了。同年、同大学助手、以後講師、助教授、教授を経て2009年3月退官。研究テーマは、シール、転がり疲れ、固体潤滑などで、最近ではメンテナンスの活性化を中心に活動を展開している。日本トライボロジー学会、日本機械学会に所属。各学会で委員を務めるほか、日本油空圧工業会「耐環境性油空圧シール気候に関する調査研究委員会」委員長、日本産業機械工業会「メカニカルシールJIS改正原案作成委員会」委員、日本プラントメンテナンス協会「潤滑技術委員会」委員長、日本機械学会「機械状態監視資格認証委員会・トライボロジー技術委員会」委員長など重責を担う。現在日本自動車部品工業会「オイルシールJIS改定委員会」委員長。また、『最新シーリングテクノロジー〜密封・漏れの解明とトラブル対策〜』をはじめ著書多数。


プログラム(各項目とも質疑応答含む)
●Study and Learning
 T.はじめに
 1.生産現場における漏れの実態
 2.漏れが機器に及ぼす影響
 3.漏れ管理
 4.シール技術の重要性
 U.シールに関連したトライボロジーの基礎
 1.なぜトライボロジーが必要か
 2.トライボロジーとは
 3.摩擦摩耗の基本特性
 4.ストライベック曲線
 V.漏れの基礎知識
 1.シール面の考え方
 2.漏れはどうして発生するか
 3.漏れの種類
 W.シールの種類とシール用材料の概要
 1.パッキンとガスケット
 2.色々なシール
 X.静的シール(Gasket)の考え方と使い方
 1.非金属ガスケット
 2.セミメタリックガスケット
 3.金属ガスケット
 4.ガスケットにおける密封の考え方
 5.ガスケットの使い方
 Y.動的シール(Packing)の考え方と使い方
 1.Oリングなどスクィーズパッキン
  a. スクィーズパッキンの種類と密封のメカニズム
  b. はみ出し現象
  c. Oリングの使い方
 2.オイルシールなどリップパッキン
  a.リップパッキンの種類
  b.オイルシールの基本特性
  c.オイルシールの使い方
  d.その他のリップパッキン
  e.Vリング
 3.グランドパッキン
 4.メカニカルシール
  a.メカニカルシールの構造と分類
  b.メカニカルシールの密封に及ぼす要因
  c.メカニカルシールのしゅう動材料
 5.パッキンにおける密封理論
  a.往復動シールの密封理論
  b.オイルシールの密封理論
  c.メカニカルシールの密封理論
 Z.シールシステムの実際例
 1.ガスケットの使用事例
 2.パッキンの使用事例 -油圧システムにおけるシールシステム-
 [.漏れ対策・・・・シールの損傷事例
 1.ガスケットの損傷事例と対策
 2.パッキンの損傷事例と対策
 \.シール選定の考え方
 1.ガスケットの選定
 2.パッキンの選定
 参考1.シール試験法 
 参考2.シールに関する規格
 ●Solution and Consulting / 質疑応答
 事前アンケートのご質問について解説します
 ※講師によって一部回答できない場合がございますので、ご了承願います。



Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。

© 2002 ISS Co.,Ltd. All rights reserved.