eBRAIN-J
 


〜練り製品製造の新技術と冷凍すり身の応用〜
練り製品の科学と新商品開発のポイント

本セミナーでは、水産練り製品の科学と水産練り製品製造の基礎技術、さらに、冷凍と食感に関する基礎知識を基にした冷凍すり身に関して、また、水産練製品以外にも適用可能なマイクロ波連続加熱成形法について、分かり易く解説します。

■日時 2019年 3月18日(月)10:30〜16:30
■会場 産業科学システムズ会議室(東京・飯田橋)(地図はこちら
■受講料 1名 37,000円+消費税8% 2,960円
2名以上1名 34,000円+消費税8% 2,720円
≪セミナーコード 1101-190318≫

   【印刷用パンフ】     【お申込について】


【よくある質問(FAQ)】 ※お申込む前に必ずご覧下さい。          

【お申込みアシスト】 ※お申込み手順を解説しています。

※開催日前14日目以降のキャンセルはお受けできませんので、
都合が悪い場合は代理の方がご出席をされますようご配慮をお願いします。
※録音機等の持込みはご遠慮願います。




Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。


講師のことば
★講座の概要★ 阿部氏 :冷凍すり身はインスタントラーメン、レトルトカレーと並んで戦後の食品業界における3大発明と呼ばれ、日本人のタンパク質供給源として、食品業界にインパクトを与えました。本講演では主に冷凍すり身の製造における科学について解説します。また、冷凍すり身の品質を理解する上で、水産練り製品そのものに関する内容は必須であるため、水産練り製品の科学についても解説します。また、冷凍に関する基礎的知識や食感に関する基礎知識も組み込みながら、水産練り製品以外の場面でも応用できる内容を解説します。

吉富氏 :<水産練り製品の需要は漸減しており、原材料高加え、新規加工技術の登場もなく業界は非常に厳しい状況にあります。そのため、製品に新たな価値を付与できる新規製法の研究・開発は重要です。従来製法の基礎を学びながら、異分野からの情報も積極的に取り入れる商品開発が必要です。


講師
東京工科大学 応用生物学部 助教 博士(海洋科学) 阿部 周司 氏

日本水産株式会社 商品開発部 学術博士、技術士(水産部門) 吉富 文司 氏


プログラム(各項目とも質疑応答含む)
●Study and Learning
 T.冷凍すり身と水産練り製品製造の科学
 阿部 周司 氏
 10:30−14:25
 1.冷凍すり身の科学
 2.魚肉タンパク質の特徴
 3.冷凍すり身の製造工程
 4.原料魚の鮮度と質
 5.水晒し
 6.すり身の冷凍(冷凍の科学的観点から)
 7.凍結保護材について(糖とリン酸塩)
 8.冷凍すり身の品質
 9.冷凍すり身の扱う上でのリスク
 10.水産練り製品とは
 11.水産練り製品の製造原理
 12.空摺り、塩摺り、本摺りで起きていること
 13.水産練り製品の加熱工程で起きていること(タンパク質の変性と絡めて)
 14.水産練り製品の物性評価
 U.練り製品製造の基礎と新技術および新商品開発のポイント
 吉富 文司 氏
 14:30ー16:30
 1.練り製品製造の基礎
 (1)代表的な練り製品製造工程について
 (2)主な加熱方法について
 2.新技術の紹介
 (1)マイクロ波による連続加熱・成型法について
 (2)その特徴について
 3.新商品開発のポイント
 (1)市場面と技術面について
 (2)有効なマーケティ ングについて
 ●Solution and Consulting / 質疑応答
 事前アンケートのご質問について解説します
 ※講師によって一部回答できない場合がございますので、ご了承願います。



Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。

© 2002 ISS Co.,Ltd. All rights reserved.