eBRAIN-J
 


豊富な図解やビデオによりわかりやすく解説
トライボロジーの基礎と高分子材料の摩擦・摩耗解析 及び 製品開発例
講師:東北大学大学院 工学研究科、医工学研究科 准教授 博士(工学)山口 健氏


■日時 2019年 2月27日(水)10:30〜16:30
■会場 産業科学システムズ会議室(東京・飯田橋)(地図はこちら
■受講料 1名 44,000円 +消費税8% 3,520円
2名以上1名 40.000円 +消費税8% 3,200円
≪セミナーコード 1101-190227≫

   【印刷用パンフ】     【お申込について】


【よくある質問(FAQ)】 ※お申込む前に必ずご覧下さい。          

【お申込みアシスト】 ※お申込み手順を解説しています。

※開催日前14日目以降のキャンセルはお受けできませんので、
都合が悪い場合は代理の方がご出席をされますようご配慮をお願いします。
※録音機等の持込みはご遠慮願います。




Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。


講師のことば
 トライボロジーの基礎(固体表面,固体の接触,摩擦理論,摩耗理論,摩擦摩耗試験方法)からプラスチック材料やゴム・エラストマー材料の摩擦摩耗に関する基本的事項をわかりやすくご説明します.また,米ぬかを原料とする硬質多孔性炭素材料RBセラミックスを充填したプラスチック材料(ナイロンやPEEKなど)の摩擦・摩耗特性と,それらの摺動材料としての応用例や,水や油で濡れた床面でもすべりにくい超耐滑ゴム靴底意匠の開発例を紹介します.


講師
東北大学大学院 工学研究科、医工学研究科 准教授 博士(工学)山口 健氏

プロフィール:1977年生まれ.東北大学大学院工学研究科博士課程前期2年の課程修了.現在東北大学大学院工学研究科,医工学研究科 准教授.博士(工学).ソフトマテリアルのトライボロジーと応用に関する研究,超耐滑靴底意匠の開発に関する研究,硬質多孔性炭素材料を用いた低摩擦・耐摩耗複合材料の開発,すべり・つまずき転倒と加齢の関係に関する研究などに従事.トライボロジー学会,日本機械学会,日本設計学工学会,日本人間工学会,姿勢と歩行研究会,International society for posture & gait researchに所属.


プログラム(各項目とも質疑応答含む)
●Study and Learning 
 T.はじめに
 U.トライボロジーの基礎
 1) 固体の表面構造
 2) 固体の接触機構
 3) 摩擦の基礎
 4) 摩耗の基礎
 V.プラスチックの摩擦・摩耗特性
 W.ゴム・エラストマーの摩擦・摩耗特性
 X.RBセラミックス粒子を充てんしたプラスチック材料の開発と応用事例紹介
 Y.超耐滑ゴム靴底意匠の開発事例紹介
 ●Solution and Consulting / 質疑応答
 【事前アンケートのご質問について解説致します】
 ※内容によって一部回答できない場合がございますので、ご了承ください。



Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。

© 2002 ISS Co.,Ltd. All rights reserved.