eBRAIN-J
 


エンジン/パワートレインにおける
トライボロジーの基礎科学とフリクション低減技術
講師:星 満 氏 星技術士事務所所長 工学博士(東京大学)、技術士(機械)
(元)SUBARU

水平対向エンジン、デュアルラジエータ方式等多くの開発で実績を有する講師が、軽量・高速・高負荷かつ低フリクション、長寿命信頼性を果たすトライボロジー技術について実務に役立つよう即実践的に解説

■日時 2019年 2月18日(月)10:30〜16:30
■会場 産業科学システムズ会議室(東京・飯田橋)(地図はこちら
■受講料 1名 45,000円 +消費税8% 3,600円
2名以上1名 42,000円 +消費税8% 3,360円
≪セミナーコード 1101-190218≫

   【印刷用パンフ】     【お申込について】


【よくある質問(FAQ)】 ※お申込む前に必ずご覧下さい。          

【お申込みアシスト】 ※お申込み手順を解説しています。

※開催日前14日目以降のキャンセルはお受けできませんので、
都合が悪い場合は代理の方がご出席をされますようご配慮をお願いします。
※録音機等の持込みはご遠慮願います。




Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。


対象
 エンジン本体及びエンジン部品、それ等材料・表面処理、潤滑油・添加剤等エンジントライボロジーに関わる主に若手エンジニアの方々。


講師
星 満氏 星技術士事務所 所長 技術士(工学)

(元)SUBARU


プログラム(各項目とも質疑応答含む)
●Study and Learning
 T.トライボロジ−技術とは
 1.トライボロジ−の効用
 2.重要な表面技術
 3.摩擦摩耗のメカニズム
 4.エンジン構造と潤滑に関して
 U.低フリクション化
 1.ピストン系フリクションロスの考え方
 2.軸受系フリクションロスの考え方
 3.動弁系フリクションロスの考え方
 4.低燃費潤滑油の考え方と課題
 5.摺動表面の改質方法
 V.軸受系のトライボロジ−技術
 1.すべり軸受におけるトライボロジ−
 2.転がり軸受におけるトライボロジ−
 3.シ−ルにおけるトライボロジ−
 W.ピストン系のトライボロジ−技術
 1.軽量化の検討
 2.ピストンリング検討
 3.リング2本化技術
 X.クランク軸系のトライボロジ−技術
 1.クランク軸トライボロジ−の考え方
 2.軸受メタル寿命のメカニズム
 Y.動弁系におけるのトライボロジ−技術
 1.動弁系の構造と潤滑技術
 2.低フリクションの考え方
 Z.歯車系におけるのトライボロジ−技術
 1.歯車の潤滑法
 2.歯車の損傷とその対策
 [.信頼性技術と潤滑油寿命
 1.信頼性技術の手法
 2.潤滑油寿命延長の手法と考え方
 \.シミュレ−ション計算方法
 1.フリクションロスの計算法
 2.エンジン設計に於ける潤滑系シミュレ−ション計算
 3.ピストン温度分布の計算法法
 4.軸受メタル寿命の検討事例
 ●Solution and Consulting / 質疑応答
【事前アンケートのご質問について解説致します】※内容によって一部回答できない場合がございますので、ご了承願います。



Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。

© 2002 ISS Co.,Ltd. All rights reserved.