eBRAIN-J
 


基礎から業務に活かせるまで詳しく解説
トライボロジーの基礎と摩擦・摩耗面の解析と対策
講師: 三科 博司氏 (元)千葉大学 教授 工学博士 

講座のPOINT
・摩耗発生メカニズムと摩擦・摩耗面の観察・解析技術を理解する
・摩擦・摩耗の対策をを理解する

■日時 2018年 11月2日(金)10:30〜16:30
■会場 産業科学システムズ会議室(東京・飯田橋)(地図はこちら
■受講料 1名 44,000円 +消費税8% 3,520円
2名以上1名 40,000円 +消費税8% 3,200円
≪セミナーコード 1101-181102≫

   【印刷用パンフ】     【お申込について】


【よくある質問(FAQ)】 ※お申込む前に必ずご覧下さい。          

【お申込みアシスト】 ※お申込み手順を解説しています。

※開催日前14日目以降のキャンセルはお受けできませんので、
都合が悪い場合は代理の方がご出席をされますようご配慮をお願いします。
※録音機等の持込みはご遠慮願います。




Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。


講師のことば
 ★講座概要★ 摩擦する材料表面からの摩耗を防ぐことは極めて難しい問題で、摩擦する表面で起こるトライボロジー挙動を捉えて表面で起きている摩擦・摩耗現象を把握し、それらをどのようにコントロールするかは長年にわたる課題となっています。
 本講座では摩耗発生のメカニズム、摩擦・摩耗面の観察・解析技術、そして摩擦・摩耗の対策の指針までをトライボロジーの基礎を踏まえ詳解します。


講師
三科 博司氏 (元)千葉大学 教授 工学博士 


プログラム(各項目とも質疑応答含む)
●Study and Learning 
 T.トライボロジーの基礎
 1.工業技術でトライボロジーはなぜ必要か
 2.材料表面の性質,表面物性とトライボロジー現象
 U.摩擦の基礎
 1.摩擦の法則と摩擦機構
 2.摩擦の制御(清浄表面の摩擦と雰囲気物質の作用)
 3.摩擦と潤滑
 V.摩耗の種類と摩耗粉の生成機構(摩耗のメカニズム)
 1.摩耗の発生原因と摩耗の種類 
 2.アブレシブ摩耗
 3.凝着摩耗(シビア摩耗とマイルド摩耗の違い)
 W.摩耗発生の起源と摩擦・摩耗過程の直接観察法
 1.摩擦による材料表面の変化の動的観察
 2.摩耗粉が発生する過程の動画によるIn-situ直接観察
 3.摩耗発生の起源とナノ粒子の生成(摩耗の素過程)
 X.凝着摩耗の摩耗理論と固体表面凝着力の影響および摩耗に起因する現象
 1.摩耗を決める因子(雰囲気物質の作用,摩擦条件の影響)
 2.凝着摩耗理論と摩耗式
 3.摩擦面の凝着力と摩耗量との関係
 4.摩耗に起因する現象:摩擦面の焼けつき
 5.その他の摩耗(表面疲労,フレッチングなど)
 Y.摩擦・摩耗の対策と解析
 1.摩擦材料と摩擦条件の選択からみる摩耗低減対策
 2.摩擦,摩耗面の試験法,解析法と摩耗の検知・評価
 ●Solution and Consulting / 質疑応答
【事前アンケートのご質問について解説致します】



Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。

© 2002 ISS Co.,Ltd. All rights reserved.