eBRAIN-J
 


 
自動車におけるディスクブレーキの鳴きメカニズムとその防止対策【実践的対策実習付】
講師:岡村応用力学研究所 所長  岡村廣正氏  (元)トヨタ自動車(株)

ディスクブレーキの後進時の鳴き、切り欠きシムの設計法、係数励振型の自励振動、チャンファリング効果、Moanの考え方など興味ある内容を具体的に指導

■日時 2018年 10月26日(金)10:30〜16:30
■会場 産業科学システムズ会議室(東京・飯田橋)(地図はこちら
■受講料 1名 45,000円 +消費税8% 3,600円
2名以上1名 42,000円 +消費税8% 3,360円
≪セミナーコード 1101-181026≫

   【印刷用パンフ】     【お申込について】


【よくある質問(FAQ)】 ※お申込む前に必ずご覧下さい。          

【お申込みアシスト】 ※お申込み手順を解説しています。

※開催日前14日目以降のキャンセルはお受けできませんので、
都合が悪い場合は代理の方がご出席をされますようご配慮をお願いします。
※録音機等の持込みはご遠慮願います。




Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。


講師のことば
 古今の難問ブレーキ鳴きについて講師はその自励原因別に7種18条件に分類し、それぞれに対して微分方程式を示し対策法を説明します。今回はその7種18条件をさらに煎じ詰め第T〜第V分類に纏められることも示します。後進時の鳴き、切り欠きシムの設計法、係数励振型の自励振動、チャンファリング効果、Moanの考え方など興味ある内容が含まれています。特に摩擦ばねの概念は大切で制動油圧によって鳴きが出たり出なかったりすることなどが説明できるようになりました。自励振動の基礎も説明しますので受講者にとってわかりやすい講義になると思います。

<実践的 対策実習>
(1)鳴き検討用Disk,Pad の作り方
(2)鳴き対策Pad 裏金の鬼の角
(3)モールド 穴の位置

<受講メリット>
[1]ブレーキ鳴きといっても多くの原因がありそのすべてが微分方程式で示され 自励する根本がが理解できること
[2]鳴きの本質が理解できしたがって対策もよくわかるようになること
[3]鳴きの評価法はどうあるべきかということが議論できるようになること


講師
岡村応用力学研究所 所長  岡村廣正氏  (元)トヨタ自動車(株)


プログラム(各項目とも質疑応答含む)
●Study and Learning
 T.Disc Brake 鳴きの自励原因別分類
 U.Disc Brake のA鳴き 自励エネルギーの考察方法 
 A鳴きが係数励振型の自励振動であることの証明
 V.Disc Brake のB鳴き 種々のB鳴き対策法 B鳴き理論の拡張、追加 
 W.C鳴き対策法
 X.Disc Brake のD鳴き: 
 1.Pad の微小振動を考察するための基礎的手法
   Pad の踊りとその変数
 2.D鳴き各論 Dxy Pad Spring のばね定数について 
  a.Dxy 原因の結論  b.Moan の特徴  c.Dxy の防止策   d.Dxy 振動動モード 
 3.Dxy 特論   
  a.後進時 Dxy   b.後進時のまとめ   c.どんな油圧で鳴くか  d.Dxy の鳴きを止める方法
  e.Open Shim、Banana Slot による荷重中心の移動量
  f.Pad 摩擦面とBack Plate 側の圧力中心の関係 
  g.Twin Po t Piston の Open Shim 設計法
  g-1.A案  g-2.B案  g-3.Single Piston の Open Shim 設計法
 4.Dxα    5.Dxβ    6.Dxγ   7.Dyα   8.Dyβ
 9.Dyγ    10.Dzα   11.Dzβ   12.Dzγ
 13.D鳴きの固有振動数纏め
 14.D鳴きの自励条件式のまとめ 
 15.不安定判別の仕方
 16.D鳴きのまとめ
 Y.Disc BrakeのE鳴き 高周波鳴きの考察モード 
 1.高周波鳴きの命名 Eβ鳴きがでるかどうかの調べ方
 2.高周波鳴きEα Eγ 
 3.1半径節および1円周節の交差点ではどうなるか 高周波鳴き纏め
 Z.Disc Brake のF鳴き F鳴き対策法
 [.Disc Brake のG鳴き Pad の運動方程式 G鳴き対策
 \.実践的 対策実習
(1)鳴き検討用Disk,Pad の作り方
(2)鳴き対策Pad 裏金の鬼の角
(3)モールド 穴の位置
 
 
 Solution and Consulting / 質疑応答 【事前アンケートのご質問について解説致します】
 ※内容によって一部回答できない場合もございますのでご了承願います。



Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。

© 2002 ISS Co.,Ltd. All rights reserved.