eBRAIN-J
 


戦略的商品開発・マーケティングのための
IP(知的財産)ランドスケープの活用法とその運用ノウハウ


■日時 2018年 10月3日(水)10:30〜16:30
■会場 産業科学システムズ会議室(東京・飯田橋)(地図はこちら
■受講料 1名 45,000円 +消費税8% 3,520円
2名以上1名 42,000円 +消費税8% 3,360円
≪セミナーコード 1101-181003≫

   【印刷用パンフ】     【お申込について】


【よくある質問(FAQ)】 ※お申込む前に必ずご覧下さい。          

【お申込みアシスト】 ※お申込み手順を解説しています。

※開催日前14日目以降のキャンセルはお受けできませんので、
都合が悪い場合は代理の方がご出席をされますようご配慮をお願いします。
※録音機等の持込みはご遠慮願います。




Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。


開催にあたって
競合企業が保有する特許などの知的財産を俯瞰的に分析し、戦略情報として M&A や R&D などの経営判断に活用する「IP ランドスケープ」と呼ばれる手法が注目を集めています。本セミナーでは、この「IP ランドスケープ」を用いた商品開発の仕方を学びます。特許収集・分析、マーケティング、市場情報の収集・分析などを、実務者の観点から解説します。

講座は下記のように進めていきます。
T.IPランドスケープについての基本的な考え方、商品開発を進めるにあたっての重要なポイントについて理解を深めます。
U.「市場情報の収集・分析」として、どのような情報源があるのか、またどのように収集したデータをわかりやすくまとめるかを学んでいただきます。
V.「特許情報」の解析方法について、特許記号の意味と活用方法、具体的な収集方法、特許情報を分析して参入可能性のある分野を判断する手法を学びます。
W. IPランドスケープに基づいた「勝てる市場・商品」について、どのように考えるのかを学んでいただきます。
講師の技術者としての経験を踏まえ、技術者視点で実務に役立つ講義を展開するとともに、各パートで、理解が深まるように事例や演習などを盛り込みながら進めます。


講師
株式会社アイピーアトモス 代表取締役 弁理士・中小企業診断士 座間正信氏


プログラム(各項目とも質疑応答含む)
●Study and Learning 
 T.IPランドスケープとは
 1.IPランドスケープの3つのポイント
 2.IPランドスケープと商品開発の特徴
 【演習:自社の強み分析】
 ・自社の強みを様々な角度から見てみる
 ・自社の強みに気づく
 U.IPランドスケープを意識した特許情報・市場情報の使い方
 1.特許情報とは
 2.市場全体を概観するには
 【演習:ポジショニングマップ作成】
 ・自社商品の市場における位置を確認する
 ・競合について意識する
 V.IPランドスケープを用いた新商品開発の進め方
 〜事例を通して手法を学ぶ〜
 1.自社の強みの見える化
 2.自社を取り巻く機会の調査・検討
 3.開発商品の選定と市場の分析
 【演習:パテントマップ作成】
 ・パテントマップの使い方を知る
 W.IPランドスケープによる勝てる市場・商品の考え方
 1.勝てる市場の考え方・見出し方
 2.商品の絞り込みとニーズと課題分析
 ●Solution and Consulting / 質疑応答
【事前アンケートのご質問について解説致します】



Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。

© 2002 ISS Co.,Ltd. All rights reserved.