eBRAIN-J
 


 
野菜のおいしさ/品質評価の手法とおいしさの見える化
おいしい野菜を安定した品質で提供し続けるための特別セミナー!


■日時 2018年 9月4日(火)10:30〜16:30
■会場 産業科学システムズ会議室(東京・飯田橋)(地図はこちら
■受講料 1名 37,000円 +消費税8% 2,960円
2名以上1名 34,000円 +消費税8% 2,720円
≪セミナーコード 1101-180904≫

   【印刷用パンフ】     【お申込について】


【よくある質問(FAQ)】 ※お申込む前に必ずご覧下さい。          

【お申込みアシスト】 ※お申込み手順を解説しています。

※開催日前14日目以降のキャンセルはお受けできませんので、
都合が悪い場合は代理の方がご出席をされますようご配慮をお願いします。
※録音機等の持込みはご遠慮願います。




Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。


開催にあたって
講座概要 POINT
 野菜の品質評価の専門家による非破壊品質評価法を含む品質評価手法と収穫後の品質変化として、部位・器官・熟度による品質特性の違い、カット野菜の品質評価、加工品の品質評価について分かりやすく解説します。また、野菜のおいしさの見える化として、可視光画像解析による野菜等の味覚推定、すなわちスマホ等モバイル端末で撮影した画像を “AIで味覚の定量的な判定法”を紹介します。


講師
帝塚山学院大学人間科学部 食物栄養学科 教授  阿部 一博 氏
大阪府立大学名誉教授 農学博士 
日本ベジタリアン学会優秀発表賞(2000〜2011、12年連続受賞)

神奈川県農業技術センター 生産環境部品質機能研究課・課長
 兼 農業革新支援専門員   吉田 誠 氏 

マクタアメニティ株式会社 代表取締役 幕田 武広 氏
2017年 経済産業省認定事業「画像解析による野菜等の『おいしさの見える化』技術の構築」プロジェクトリーダー


プログラム(各項目とも質疑応答含む)
●Study and Learning
 T 野菜等の品質特性と収穫後の変化
 阿部 一博 氏   10:30〜12:30
 1.野菜の植物学的分類と品質
 2.品種が異なる野菜の品質特性
 3.野菜の品質に及ぼす栽培条件
 4.野菜の部位・器官・熟度と品質特性
 5.カット野菜の品質評価と流通技術
 6.新規導入野菜の紹介
 講師のことば:今までに実施した研究結果の中で、日常的に消費している野菜(我が国では約130種類の野菜が市場に流通)の栽培から食卓までの品質に関する情報を総合的に提供します。
 U 野菜等農産物と加工品の品質評価
 吉田  誠 氏   13:25〜14:55
 1.農産物の品質評価とは
 2.品質評価手法の解説
 3.野菜等生鮮農産物の品質評価例
 4.農産加工品の品質評価例
 5.非破壊品質評価法
 講師のことば:野菜等農産物は、品種改良や栽培技術の開発などで味や栄養面等特徴ある物が安定的に生産されるようになっています。農産物の品質評価は、これらの特徴を評価して消費者へ訴求したり、加工利用時の選択の基準とする、あるいは品質のバラツキを選別するなど重要な役割を担っています。農産物やその加工品を美味しく食するために重要な品質評価について概説します。
 V 可視光画像解析による野菜等の味覚推定
 幕田 武広 氏   15:00〜16:30
 〜スマホ等モバイル端末で撮影した画像をAIで味覚の判定、非破壊・低コスト・瞬時に情報化を行う〜
 1.食品流通においての「安全」と「安心」の情報化
 2.近赤や破壊検査に因らない「非破壊」「低コスト」「簡易」な食味の計測
 3.人間の舌「味蕾」で感じる5味(甘味・酸味・旨味・塩味・苦味)の定量的な判定と機械学習
 4.既存産業を破壊する「スマホ」の威力、AI・IoTの活用
 5.クラウドコンピューティング・ビックデータ解析による事業競争力の強化・新産業の創造
 講師のことば:消費者が求める情報とその取得コスト、プロジェックトで開発したAI及び今日の先端技術から、農業から発信する「第四次産業革命」を提案します。
 
 
 質疑応答
 【事前アンケートのご質問事項を解説致します】
 ※内容によって一部回答できない場合がございますので、ご了承願います。



Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。

© 2002 ISS Co.,Ltd. All rights reserved.