eBRAIN-J
 


新しい営業ツール、製造ツール、メインテナンスツールとして活用
VR(バーチャルリアリティ)の産業応用・活用技術の実際
〜CAD図面が超リアルVRの世界へ〜
★VRが新たなテクノフローへ! 設計→試作→製造→マーケティング・プレゼン→保守管理へ利用展開


■日時 2018年 7月27日(金)10:30〜16:30
■会場 産業科学システムズ会議室(東京・飯田橋)(地図はこちら
■受講料 1名 45,000円 +消費税8% 3,600円
2名以上1名 42,000円+消費税8% 3,360円
≪セミナーコード 1101-180727≫

   【印刷用パンフ】     【お申込について】


【よくある質問(FAQ)】 ※お申込む前に必ずご覧下さい。          

【お申込みアシスト】 ※お申込み手順を解説しています。

※開催日前14日目以降のキャンセルはお受けできませんので、
都合が悪い場合は代理の方がご出席をされますようご配慮をお願いします。
※録音機等の持込みはご遠慮願います。




Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。


開催にあたって
★講座の趣旨・概要★
 本セミナーではVR(バーチャルリアリティ)の基礎から産業応用例まで幅広く解説します.
 前半の講義でVRをよく知らない方でも分かるように、VRの様々な概念や基礎知識を解説します.さらに,VRのソフトをPCに実装する時に使われる技術について紹介します。
 後半の講義は,実際にVRを用いてビジネスを展開している製造業の方々を講師にお招きしております。3DCADデータからVRデータに自動変換し、プレゼン・DR・保守マニュアルに使われている実例を実感していただきます。自社の3DCADデータを単なる図面ではなく、VR化することにより、新しい営業ツール・製造ツール・保守ツールにとお考えのエンジニアの方に最適なセミナーです。


講師のことば
 バーチャルリアリティは人の全ての感覚に関連する奥深い技術分野ですが,現在,話題の視覚のVRであるHMDに関連した話を中心に、受講者の方にご理解頂けるように準備いたします.光を正確に再現するライトフィールドの考え方とその可能性もお話しします.(法政大学 小池崇文氏)

 VRは、「ゲームの延長」、「製造現場では使えない」とよく聞きます。一方、既にVRを導入している企業では、VR無しでの製造は、考えられないというのが現状です。実際導入している企業では、どのように活用し、どの位効果を出しているのか,そして、どの位のコストが必要か等について具体的に説明させて頂きます。後半は、VRを体験して頂き、VRのメリットをリアルに体感して頂きます。(株式会社プロノハーツ 藤森匡康氏)


講師
法政大学 情報科学部 教授 博士(情報理工学) 小池 崇文氏

NEC SI・サービス市場開発本部 主任 野中崇史氏

株式会社ダイテック 執行役員 コミュニケーションデザイン事業部 事業部長 山口純治氏

株式会社プロノハーツ 代表取締役 藤森匡康氏


プログラム(各項目とも質疑応答含む)
●Study and Learning
  T. VR/AR/MRとは(法政大学 小池崇文氏)
  1. xRの紹介 (VR/AR/MR/DR/SRなど)
  2. VRの歴史
  3. VRの理解に必要な基礎知識(視覚,ライトフィールド,クロスモーダルなど)
  4. バーチャルリアリティ分野の研究動向を調べるには
 U. VRのハードウェアとソフトウェア(法政大学 小池崇文氏)
  1. 実空間の取得・認識技術(Depthカメラなど)
  2. バーチャルリアリティの提示技術 (HMD/CAVE,触覚・味覚なども)
  3. 開発環境・ミドルウェア
  4. HMD研究の最新動向
 V.産業界のVRをとりまく環境(NEC 野中崇史氏)
  1. VR関連市場動向
  2. VR製品技術動向
  3. 活用事例
 W. NECが考える産業界のVRの将来像(NEC 野中崇史氏)
  1. 導入/提案事例と費用対効果のポイント
  2. 業務を行う場所としてVR空間「Virtual Work Place」
 X.マニュアル屋が提案するVR/ARの保守マニュアル(ダイテック山口純治氏)
  1. 今、産業界で起こっていること(様々な課題)
  2. ノウハウの共有、作業の標準化、品質管理と教育の視点
  3. 手段としてのVR/AR(そもそもの目的は何か?)
 Y. 製造業におけるVRの現状と将来(株式会社プロノハーツ 藤森匡康氏)
  1. 国内製造業におけるVRの現状
  2. 海外におけるVR最前線
  3. VR活用事例(国内5社の実際の3DCAD図面データからのVR化)
  4. 今後の製造業における VR/MR活用
 Z.【VR体験】製造業向け VRデザインレビューシステム【pronoDR】(株式会社プロノハーツ 藤森匡康氏)
 Solution and Consulting / 質疑応答 【事前アンケートのご質問について解説致します】
 ※内容によって一部回答できない場合もございますのでご了承願います。



Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。

© 2002 ISS Co.,Ltd. All rights reserved.