eBRAIN-J
 


 
エンジン燃費向上技術(往復運動部品のフリクション評価と低減技術)
〜シリンダーボア、ピストン、ピストンリングのトライボロジーからのアプローチ〜
講師陣:
日産自動車株式会社 パワートレイン・EV技術開発本部 エンジン&ドライブトレイン技術開発部 主管 村木一雄氏
日本ピストンリング株式会社 技術企画 部長 一杉英司氏
東京都市大学 工学部機械工学科 教授 三原雄司氏

エンジン全体のフリクションについて解説し、その中でもシリンダーボアとピストンなど往復運動部品とのフリクション低減技術に的を絞って、トライボロジーの観点から最新技術を解説します。

■日時 2018年 7月12日(木)10:30〜16:30
■会場 産業科学システムズ・会議室 (東京・飯田橋)(地図はこちら
■受講料 1名48,600円(受講料45,000円、消費税8% 3,600円)
2名以上1名45,360円(受講料42,000円、消費税8% 3,360円)
≪セミナーコード 1101-180712≫

   【印刷用パンフ】     【お申込について】


【よくある質問(FAQ)】 ※お申込む前に必ずご覧下さい。          

【お申込みアシスト】 ※お申込み手順を解説しています。

※開催日前14日目以降のキャンセルはお受けできませんので、
都合が悪い場合は代理の方がご出席をされますようご配慮をお願いします。
※録音機等の持込みはご遠慮願います。




Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。


講師のことば
 ★講座の趣旨・POINT★ より一層の燃費向上・長寿命かつ低エミッションを目指した高性能エンジン開発にあたり、トライボロジーは常に古くて新しい技術です。 本講座では、ピストン系の往復運動部品に的を絞り、シリンダーボア、ピストン、ピストンリングのフリクションロスの低減手法、低燃費潤滑油の考え方など具体的なトライボロジー技術の観点から、実務的に解説致します。


講師
日産自動車株式会社 パワートレイン・EV技術開発本部 エンジン&ドライブトレイン技術開発部 主管 村木一雄氏(第T〜U部)

日本ピストンリング株式会社 技術企画 部長 一杉英司氏(第V部)

東京都市大学 工学部機械工学科 教授  博士(工学)三原雄司氏(第W部)


プログラム(各項目とも質疑応答含む)
●Study and Learning
 T.エンジンフリクション低減技術
 1. シリンダーボア〜ピストン〜ピストンリング
 2. クランクシャフト〜メタル
 3. カムシャフトまわり
 4.その他
 U.シリンダーボアのフリクション低減技術
 1. 最近の技術動向
 2. シリンダーボア溶射
 ■講師:日産自動車(株) 村木 一雄氏 (10:30〜12:30)
 V.ピストンリングのフリクション低減技術
 1.燃費低減要求の背景
 2.フリクション低減の考え方
 3.フリクション低減アイテムについて
 4.フリクション評価方法
 5.各アイテムのフリクション効果について
 6.今後のエンジン変化に対する考え方
 ■講師:日本ピストンリング(株) 一杉 英司氏(13:30〜15:30)
 W.ピストンのフリクション低減技術
 1. ピストンの基本機能
 2.コーティング技術、他
 3.最近技術の動向
 ■講師:東京都市大学 教授 三原 雄司氏(15:30〜16:30)
 
 Solution and Consulting / 質疑応答 【事前アンケートのご質問について解説致します】 ※内容によって一部回答できない場合もございます。



Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。

© 2002 ISS Co.,Ltd. All rights reserved.