eBRAIN-J
 


ロードノイズを対策し、音振品質向上をはかる
タイヤ振動の基礎と解析技術
講師:豊橋技術科学大学 機械工学系 助教 博士(工学)松原真己氏


■日時 2018年 6月19日(火)10:30〜16:30
■会場 産業科学システムズ会議室(東京・飯田橋)(地図はこちら
■受講料 1名48,600円(受講料45,000円+消費税(8%)3,600円)
2名以上1名45,360円(受講料42,000円+消費税(8%)3,360円)≪セミナーコード 1101-180619≫

   【印刷用パンフ】     【お申込について】


【よくある質問(FAQ)】 ※お申込む前に必ずご覧下さい。          

【お申込みアシスト】 ※お申込み手順を解説しています。

※開催日前14日目以降のキャンセルはお受けできませんので、
都合が悪い場合は代理の方がご出席をされますようご配慮をお願いします。
※録音機等の持込みはご遠慮願います。




Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。


講師のことば
★講座の概要 POINT★
 ロードノイズ低減は、一部の高級車(遮音のよい車)などに求められてきたが、ハイブリッド車、EV車など、暗騒音であるエンジン騒音のない車も、ロードノイズ低減の要求が高い。
 そこで、本セミナーでは、タイヤが発生する振動騒音に的を絞り、基礎から計測、解析技術を学び、品質要求に対応するタイヤ特性のとらえ方、さらに、最新の技術動向について知識を得ることを目的とします。


講師
豊橋技術科学大学 機械工学系 助教 博士(工学)松原真己氏


プログラム(各項目とも質疑応答含む)
●Study and Learning 
 T.乗用車のタイヤと振動騒音
 1.タイヤをとりまく状況
 2.車内伝播音
 3.車外騒音
 U.タイヤ構造と振動モード
 1.タイヤの構造および製造方法
 2.タイヤの振動モード
 V.3次元弾性リングによるタイヤのモデル化
 1.タイヤ3次元弾性リングモデルの構築概念
 2.モデルパラメータの同定方法
 3.各種力学解析事例の紹介
 W.路面入力の計測技術
 1.参照データの逆問題を利用した路面入力同定
 2.センサによる路面入力同定
 X.タイヤ放射音の解析技術
 Y.まとめ
 ●Solution and Consulting / 質疑応答
 【事前アンケートのご質問について解説致します】※内容によって一部回答できない場合もございますので、ご了承願います。



Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。

© 2002 ISS Co.,Ltd. All rights reserved.