eBRAIN-J
 


食肉の官能評価手法および理化学分析におけるサンプリング手法 
食肉とその加工品のおいしさ・品質評価 
部分肉を用いたサンプリング実習付

 ※実習のため、清潔な白衣等の作業着をお持ちください

(講座名を若干変更しました)

■日時 2018年 6月18日(月)10:30〜16:30
■会場 産業科学システムズ会議室(東京・飯田橋)(地図はこちら
■受講料 1名39,960円(受講料37,000円、消費税8% 2,960円)
2名以上1名36,720円(受講料34,000円、消費税8% 2,720円)
≪セミナーコード 1101-180618≫

   【印刷用パンフ】     【お申込について】


【よくある質問(FAQ)】 ※お申込む前に必ずご覧下さい。          

【お申込みアシスト】 ※お申込み手順を解説しています。

※開催日前14日目以降のキャンセルはお受けできませんので、
都合が悪い場合は代理の方がご出席をされますようご配慮をお願いします。
※録音機等の持込みはご遠慮願います。




Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。


開催にあたって
★講座の概要 POINT★
 食肉のブランド化・差別化における科学的根拠として官能評価や理化学分析を活用する事例が最近増えてきました。しかし、官能評価そのものが正しく運用されておらず、数値の信頼性に欠けるケースも散見されています。
 一方、食肉サンプルを分析業者に依頼分析し、数値を表示する事例も出てきていますが、サンプリングが正しいかどうかが判断できず、数値の信頼性に欠けるという事例も散見されます。そこで本講座ではを以下に重点をおいて解説・指導します。
・食肉の官能評価について、特有の注意すべき点などを基本から正しく習得する。
・食肉サンプルを依頼分析に出す際の正しいサンプリング手法について、豚ロース部分肉を用いた実習を通じて習得する。


講師
国立研究開発法人 農研機構 畜産研究部門 畜産物研究領域 食肉品質ユニット長 博士(農学) 佐々木啓介氏


プログラム(各項目とも質疑応答含む)
プログラム ※実習のため、清潔な白衣等の作業着をお持ちください
 T.官能評価において最低限守るべき事項
 U.食肉の官能評価に特有な技術的注意事項
 V.食肉に適用できるいろいろな官能評価手法
 W.食肉分析におけるサンプリング上の注意事項
 X.実際の豚ロース部分肉を用いたサンプリング実習
 ・赤身肉部分のサンプリング
 ・脂肪部分のサンプリング
 
 
 Solution and Consulting / 質疑応答 【事前アンケートのご質問について解説致します】
 ※内容によって一部回答できない場合もございますのでご了承願います。



Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。

© 2002 ISS Co.,Ltd. All rights reserved.