eBRAIN-J
 


 
食品解凍法における現状と新技術の展望
講師:東京海洋大学学術研究院 食品生産科学部門 准教授 博士(工学) 渡邊 学氏


■日時 2018年 6月6日(水)10:30〜16:30
■会場 産業科学システムズ会議室(東京・飯田橋)(地図はこちら
■受講料 1名39,960円(受講料37,000円、消費税8% 2,960円)
2名以上1名36,720円(受講料34,000円、消費税8% 2,720円)
≪セミナーコード 1101-180606≫

   【印刷用パンフ】     【お申込について】


【よくある質問(FAQ)】 ※お申込む前に必ずご覧下さい。          

【お申込みアシスト】 ※お申込み手順を解説しています。

※開催日前14日目以降のキャンセルはお受けできませんので、
都合が悪い場合は代理の方がご出席をされますようご配慮をお願いします。
※録音機等の持込みはご遠慮願います。




Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。


開催にあたって
 食品冷凍技術の進歩はめざましく,食品をおいしく保存する期間は飛躍的に伸びましたが,いまだに,解凍におけるドリップの発生や食味の低下,品質劣化など,解凍に関しては改善すべき問題が残されています.ドリップの発生により食品中の蛋白質,エキス分,塩類,ビタミン類等の水溶性成分が流失する他、外観やテクスチャーの変化に加え,風味,食味,も失われます.しかし,最近ではさまざまな新規解凍装置も開発されています.
 本セミナーでは,第一線の食品解凍研究者が食品凍結・解凍の基礎的事項から,解凍法・解凍技術の現状と新技術の展望,そして,新しい技術の一つである氷スラリー解凍法について分かりやすく解説し,さらに解凍装置メーカーによるその原理と特徴および適用事例について紹介します.


講師
東京海洋大学学術研究院 食品生産科学部門 准教授 博士(工学) 渡邊 学氏


プログラム(各項目とも質疑応答含む)
 プログラム(近日中に詳細を掲示します)
 T. 食品凍結・解凍の基礎
 U. 解凍法・解凍技術の現状と新技術の展望
 V. 氷スラリー解凍法
 W. 電磁波利用の解凍装置の特徴と適用事例
 X. 低温高湿度解凍装置の特徴と適用事例
 Solution and Consulting / 質疑応答 【事前アンケートのご質問について解説致します】
 ※内容によって一部回答できない場合もございますのでご了承願います。



Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。

© 2002 ISS Co.,Ltd. All rights reserved.