eBRAIN-J
 


〜低燃費・高効率をはかる〜
自動車エンジンにおけるフリクションのメカニズムとその低減技術


■日時 2018年 4月24日(火)10:30〜16:30
■会場 産業科学システムズ・会議室 (東京・飯田橋)(地図はこちら
■受講料 1名48,600円(受講料45,000円、消費税8% 3,600円)
2名以上1名45,360円(受講料42,000円、消費税8% 3,360円)
≪セミナーコード 1101-180424≫

   【印刷用パンフ】     【お申込について】


【よくある質問(FAQ)】 ※お申込む前に必ずご覧下さい。          

【お申込みアシスト】 ※お申込み手順を解説しています。

※開催日前14日目以降のキャンセルはお受けできませんので、
都合が悪い場合は代理の方がご出席をされますようご配慮をお願いします。
※録音機等の持込みはご遠慮願います。




Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。


開催にあたって
 より一層の燃費向上・長寿命かつ低エミッションを目指した高性能エンジン開発にあたり、トライボロジーは常に古くて新しい技術です。本講座では、ピストン系・クランク系・動弁系フリクションロスと低燃費潤滑油の考え方など具体的なトライボロジー技術について、その基本がマスターできるよう実務的に解説致します。さらに、FEMのように手数がかかる事なく簡単で論理的なシミュレーション計算手法を加え、設計に最適な手法を即実践的に解説致します。さらに今回は、ピストンリングとエンジン軸受のフリクション低減と潤滑油解析について解説指導致します。


講師
星技術士事務所 所長 工学博士  星 満氏
(元)SUBARU

日本ピストンリング(株)技術企画部 部長  一杉 英司氏

大豊工業株(株)第1開発部 軸受先行開発室 解析・計測グループ グループマネージャー  梶木 悠一朗氏


プログラム(各項目とも質疑応答含む)
●Study and Learning
 T.エンジンフリクションの特徴・メカニズムとその低減技術
 1.エンジンフリクションについて
 2.エンジン要素のトライボロジ
 3.トライボロジから見た最適材料
 4.エンジン用潤滑油
 5.設計におけるトライボロジの考え方
 6.エンジンのトライボロジ技術の現状
 ■10:30〜12:30
  星技術士事務所 所長 工学博士 星 満氏 (元)SUBARU
 U.ピストンリングのフリクション低減技術
 1.燃費低減要求の背景
 2.フリクション低減の考え方
 3.フリクション低減アイテムについて
 4.フリクション評価方法
 5.各アイテムのフリクション効果について
 6.今後のエンジン変化に対する考え方
 ■13:30〜15:00
  日本ピストンリング梶@技術企画部 部長 一杉 英司氏
 V.エンジン軸受の潤滑解析技術
 1.エンジン軸受の基礎
 a.すべり軸受の特徴と要求性能
 b.エンジン軸受を取り巻く環境変化とその対応
 c.エンジン軸受の材料と設計
 2.エンジン軸受の潤滑解析技術
 a.流体潤滑解析モデルの基礎
 b.弾性流体潤滑解析モデルと解析事例
 c.潤滑解析技術の発展
 3.解析技術を用いた低燃費に貢献する軸受開発の事例
 4.まとめ
 ■15:00〜16:30
  大豊工業(株) 第1開発部 軸受先行開発室 解析・計測グループ グループマネージャー 梶木 悠一朗氏



Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。

© 2002 ISS Co.,Ltd. All rights reserved.