eBRAIN-J
 


 
食品加工現場における防虫・防鼠の新技術とその事例


■日時 2018年 4月16日(月)10:30〜16:30
■会場 産業科学システムズ会議室(東京・飯田橋)(地図はこちら
■受講料 1名 39,960円(受講料37,000円、消費税8% 2,960円)
2名以上1名 36,720円(受講料34,000円、消費税8% 2,720円)
≪セミナーコード 1101-180416≫

   【印刷用パンフ】     【お申込について】


【よくある質問(FAQ)】 ※お申込む前に必ずご覧下さい。          

【お申込みアシスト】 ※お申込み手順を解説しています。

※開催日前14日目以降のキャンセルはお受けできませんので、
都合が悪い場合は代理の方がご出席をされますようご配慮をお願いします。
※録音機等の持込みはご遠慮願います。




Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。


開催にあたって
  食のグローバル化が進展する中、消費者の信頼性を確保するために、衛生・品質管理を徹底する必要があります。衛生管理に関しては、国際標準に準拠した衛生管理システムの構築が今後益々要求されます。また、品質管理上、異物混入を防ぐ対策の高度化も必要となります。加工現場に混入した虫やネズミは単に異物混入事案としての品質管理面だけでなく、それらが原因の病原菌汚染を引き起こす恐れもあり、その対策は衛生管理上極めて重要です。


講師のことば
◆宮ノ下明大氏  国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 
 食品貯蔵庫や食品加工現場での害虫管理技術は、食の信頼性確保の上で重要な課題です。最初に、どのような害虫が発生するのかを紹介します。そしてチョコレートやカップ麺製品等での混入事例から、その防止技術として、食品包装の改善や忌避剤の利用について考えます。また、生きた虫が発見された時の混入時期推定についてノシメマダラメイガの発育を事例に説明します。最後に、害虫誤食の人への健康被害について触れます。

◆鈴庄 則之氏  国際衛生(株)技術研究所 主任研究員 HACCPリードインストラクター
 近年食品への昆虫の混入が相次いで報道され、消費者の目が厳しくなる中、食品製造施設の管理者にとって、昆虫、鼠などの有害生物の管理は極めて重要な衛生管理の一つになります。今回は、食品製造設備で問題となる有害生物の生態と有害生物の侵入、定着状況を調査するモニタリングについて解説を行います。また、照明管理などの侵入防止対策、発生源の清掃による除去などの工場内部定着防止対策についても解説します。

◆鈴木 祐介氏 (株)前川製所 グローバル販売ブロック 主任
 昨今、食品への異物混入事故がマスメディアに取り上げられ、社会問題になることが増えてきております。なかでも虫の混入による不快感や管理に対する不備は、企業イメージの悪化、売上ダウンに直結します。食品加工場における防虫に対する関心度は、ますます高まっております。本セミナーでは、最新防虫用エアーカーテンの特長・効果を設置事例とともにご紹介します。


講師
宮ノ下明大 氏 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 食品安全研究領域 食品害虫ユニット長 博士(農学)

鈴庄 則之 氏 国際衛生(株)技術研究所 主任研究員 HACCPリードインストラクター

鈴木 祐介 氏 (株)前川製所 グローバル販売ブロック 主任


プログラム(各項目とも質疑応答含む)
●Study and Learning 
 T 食品混入害虫の生態と混入防止技術
 宮ノ下明大 氏 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 食品安全研究領域 食品害虫ユニット長 博士(農学)
 1.主な食品混入害虫の紹介と生態(ノシメマダラメイガ、コクゾウムシ等)
 2.食品への害虫侵入防止のための包装様式の改善(チョコレート、カップ麺製品等)
 3.害虫忌避物質を用いた混入防止の試み(植物精油を用いた事例)
 4.食品混入害虫の混入時期推定について(ノシメマダラメイガの発育日数の事例)
 5.害虫誤食の健康被害について 
 10:30〜12:30 
 U 食品製造現場における総合的防虫管理および防鼠管理
 鈴庄 則之 氏 国際衛生(株)技術研究所 主任研究員 HACCPリードインストラクター
 1.食品製造現場で問題となる有害生物(昆虫、鼠)
 2.モニタリング(トラップ調査、目視調査)
 3.有害生物の外部からの侵入防止対策
 4.有害生物の内部での定着防止対策 
 13:30〜15:25 
 V 防虫用エアーカーテンによる対策
 鈴木 祐介 氏 (株)前川製所 グローバル販売ブロック 主任
 1.エアーカーテンを利用した防虫の現状と課題
 2.根本解決型機能を搭載させた防虫用エアーカーテン「バグシャッター」
 3.「バグシャッター」の効果
 4.導入事例と効果的な運用方法紹介
 15:30〜16:30 
 ●Solution and Consulting / 質疑応答
【事前アンケートのご質問について解説致します】※内容によって一部回答できない場合がございますので、ご了承ください。



Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。

© 2002 ISS Co.,Ltd. All rights reserved.