eBRAIN-J
 


混練・金型加硫・押出加工の品質・生産性向上のための
ゴム加工技術の基本と未加硫ゴムの物性
品質及び生産性の高いゴム成形加工技術とは何か? 著名な講師が業務に役立つよう解説指導。

講師:西澤技術研究所 代表 西澤 仁 氏

■日時 2018年 3月28日(金)10:30〜16:30
■会場 産業科学システムズ・会議室 (東京・飯田橋)(地図はこちら
■受講料 1名47,520円(受講料44,000円、消費税8% 3,520円)
2名以上1名43,200円(受講料40,000円、消費税8% 3,200円)
≪セミナーコード 1101-180328≫

   【印刷用パンフ】     【お申込について】


【よくある質問(FAQ)】 ※お申込む前に必ずご覧下さい。          

【お申込みアシスト】 ※お申込み手順を解説しています。

※開催日前14日目以降のキャンセルはお受けできませんので、
都合が悪い場合は代理の方がご出席をされますようご配慮をお願いします。
※録音機等の持込みはご遠慮願います。




Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。


講師のことば
 金型加硫、押出加工等のゴムの成形加工は、配合及び混練りによって左右される未加硫ゴムの物性に大きく影響されます。
 そこで、本セミナーは、ゴムの加工性と未加硫ゴムの物性との関係をふまえ、加工性に適した混練加工、配合について説明します。さらに金型加硫、押出加工の基本技術、最近の進歩を背景に、品質及び生産性の高いゴム成形加工技術とは何かについて考察します。
※業務に役立つ「押出加工Q&A」の資料が付きます。


講師
西澤技術研究所 代表 西澤 仁 氏

日本ゴム協会 技術委員会 幹事、 難燃材料研究会 顧問


プログラム(各項目とも質疑応答含む)
●Study and Learning
 T.ゴム加工性を助ける未加硫ゴムの物性
 1)成型加工性とポリマーの粘弾性特性
 ・粘度、圧力損失、応力緩和、粘弾性特性
 2)粘度、圧力損失のせん断速度依存性、温度特性
 U.混練加工
 1)混練設備の基本と最近の進歩
 2)混練加工と成形加工性の関係(未加硫ゴム物性から見た考察)
 3)混練におけるトラブル対策
 V.金型成形加硫
 1)金型加硫の種類と特徴、基本技術
 2)金型内のゴムの流動と適正加硫条件
 3)発生トラブル対策と金型設計
 4)金型汚れ対策
 W.押出加工
 1)押出加工設備及び押出加工技術の基本と重要ポイント
 2)押出加工のトラブル対策
 3)押出加工設備及び技術の最近の進歩
 4)押出加工のQ&A集
 Solution and Consulting / 質疑応答 【事前アンケートのご質問について解説致します】



Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。

© 2002 ISS Co.,Ltd. All rights reserved.