eBRAIN-J
 


食品、化粧品などの開発現場ですぐに役立つように体系的に解説
商品開発のための乳化技術と安定性評価
講師:岩井秀隆氏 花王株式会社 スキンケア研究所 上席主任研究員 博士(工学)  山形大学客員教授


■日時 2018年 3月8日(木)10:30〜16:30
■会場 産業科学システムズ会議室(東京・飯田橋)(地図はこちら
■受講料 1名39,960円(受講料37,000円、消費税8% 2,960円)
2名以上1名36,720円(受講料34,000円、消費税8% 2,720円)
≪セミナーコード 1101-180308≫

   【印刷用パンフ】     【お申込について】


【よくある質問(FAQ)】 ※お申込む前に必ずご覧下さい。          

【お申込みアシスト】 ※お申込み手順を解説しています。

※開催日前14日目以降のキャンセルはお受けできませんので、
都合が悪い場合は代理の方がご出席をされますようご配慮をお願いします。
※録音機等の持込みはご遠慮願います。




Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。


講師のことば
 ★本講の概要・POINT★  研究・開発において成書を読んで理解できても、現場ではうまく活用できていないケースはよくあります。本講座では、乳化製剤開発における乳化技術とその安定化対策・評価技術について解説します。これらを体系的に学ぶことで、現場ですぐに役立つ知識になるように構成します。


講師
岩井秀隆氏 花王株式会社 スキンケア研究所 上席主任研究員 博士(工学)  山形大学客員教授


プログラム(各項目とも質疑応答含む)
●Study and Learning 
 T.乳化剤の特性と乳化の基本
 1.乳化剤の基本物性と分類
 2.乳化剤の溶解挙動と特性
 3.乳化剤の物性コントロール
 U.相図を用いた乳化・可溶化の状態
 1.3成分系(乳化剤/油/水)相図の読み方・描き方
 2.実用系乳化技術の解釈
 3.乳化プロセスとエマルションの状態
 4.相図を利用した製剤設計の活用例
 V.安定な乳化製剤の設計技術
 1.エマルションの安定化の理論とポイント
 2.乳化安定性向上の具体的対策
 3.適切な乳化剤の選定技術
 W.乳化分散系の評価技術
 1.エマルションの物性評価法
 2.乳化安定性評価法
 ●Solution and Consulting / 質疑応答
【事前アンケートのご質問について解説致します】※内容によって一部回答できない場合がございますので、ご了承ください。



Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。

© 2002 ISS Co.,Ltd. All rights reserved.