eBRAIN-J
 


●トコトンやさしい●
ゴム・エラストマー製品の型・射出成形と品質向上・トラブル防止策

ゴム・エラストマー成形加工精度、品質向上のポイントをわかりやすく徹底解説します。

■日時 2018年 1月12日(金)10:30〜16:30
■会場 産業科学システムズ会議室(東京・飯田橋)(地図はこちら
■受講料 1名47,520円(受講料44,000円、消費税8% 3,520円)
2名以上1名43,200円(受講料40,000円、消費税8% 3,200円)
≪セミナーコード 1101-180112≫

   【印刷用パンフ】     【お申込について】


【よくある質問(FAQ)】 ※お申込む前に必ずご覧下さい。          

【お申込みアシスト】 ※お申込み手順を解説しています。

※開催日前14日目以降のキャンセルはお受けできませんので、
都合が悪い場合は代理の方がご出席をされますようご配慮をお願いします。
※録音機等の持込みはご遠慮願います。




Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。


講師のことば
★講座概要 POINT★
 ゴム・エラストマーの製品について、わかりやすく例えれば、パンやピスケットは原料の選択、混ぜ方、焼き具合により美味しさが変わります。ゴム・エラストマーも同じで、原材料・配合剤の選択、混練方法、成形加工条件によって品質が左右されます。より良い製品を作るためにはゴム特性・加工特性を把握し、最適なゴム材料を設計し、市場環境に対応した製品設計が求められています。特に、ゴム加工はバリ無し成形・不良ゼロへの挑戦に尽きると言えます。また、成形加工精度を向上させるポイントやトラブル対策を知ることで、品質向上につながります。
 最近、第4次産業革命とよばれるIoT(インターネットのモノづくり)にゴム加工への課題にも触れます。
 講演終了後、ゴム・樹脂製品の開発およびトラブル対策の技術相談を行います(30分ほど希望者のみ)。 


講師
奥本 忠興氏 奥本技術士事務所 所長 工学博士 技術士(応用理学部門)
NPO法人テクノプロス副理事長 (元)豊田工業大学客員教授
(元)豊田合成(株)技術開発部長
(元)山梨大学クリーンエネルギー研究センター客員教授


プログラム(各項目とも質疑応答含む)
●Study and Learning
 T.ゴム・エラストマー材料加工のルーツ
 1 天然ゴム の発見と屋根ルーフに雨漏り・雨除けに使用
 2 ゴムの素練りのはじまりとこんにゃくの素練りは相通じる
 3 硫黄加硫と加硫促進剤の発見とカーボンブラックの補強性が飛躍的なゴム産業の発展
 4 練り生地はなぜ熟成するのか、黄色汚れ、歪み除去
 U.現代のゴム配合、混練、練生地加工と課題
 1 三種の神器(硫黄、亜鉛華、ステアリン酸)の一つが欠けるとどうなるか
 2  配合剤の投入順序とステージ練(マスターバッチ)は減らせないか
 3 練り生地はなぜ熟成するのか、熟成しないとどうなる
 4 一番難しいカーボン分散の手法をマヨネーズ造りに学ぶ
 5 ムーニー粘度と加硫度の測定するところの意味
 6  パーオキサイド加硫系に防着剤は使えるか。
 7 練生地シートの水冷と空冷の加硫への影響。
 8 老化防止剤の配合忘れ紡糸から少量配合薬品システムへ
 9 型成形前の予備成形(プリフォーム)
 V.技術革新をもたらす型・射出成形加工の期待
 1 ゴムコンパウンドの狙いとコンプレッション成形
 2 樹脂の成形技術に学ぶゴムのバリ無し成形の型設計
 3 ゴムのばり無し成形に真空成形の条件はと型構造。
 4 型洗浄と1ショット目の異物不良
 5 歩留まりゼロか不良率0パーセントか
 6 成形加工・市場での品質・トラブル事例
 7 金具の最適ブラスト処理はなぜ必要か、その最適条件は
 8 金型汚れのメカニズムと洗浄方法並びに汚染しない金型
 9 加硫したゴム部品の金属との接着ほど至難な業は無い
 W.硫黄架橋の理論と加硫剤
 1 硫黄はどこで架橋し、いくつ繋がり、架橋点間の距離はいくらか
 2 硫黄は固体か液体か、またそのうち何%が架橋に
 3 他の加硫剤(不溶性硫黄とパーオキサイド)の注意点など
 X. 分析・計測の問題
 1 イオウ加硫はなぜ高温圧縮永久ひずみが悪いのか
 2 白い斑点、黒い異物の原因解析からの新スペクトル法による検出
 3 ゴム製品の強度は2軸方向の引張試験を行わないと話のできない製品がある
 4 NBR加硫ゴムのカーボン量の誤差補正と分析技術の向上
 Y. IOT(モノづくりのインターネット)をゴム加工工程に導入したときの技術課題
 1 レーザー刻印・バーコードの履歴管理システムによる、NC/NR
 2 宅配・回転すし・スーパーマーケットのIOTをゴム加工工程の合理化へ
 3 予備成形−加硫成形−製品検査までの自動化システムへのソフトとハード開発課題
 ●Solution and Consulting / 質疑応答
 【事前アンケートのご質問について解説致します】
 ※内容によって一部回答できない場合がございますので、ご了承願います。



Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。

© 2002 ISS Co.,Ltd. All rights reserved.