eBRAIN-J
 




書籍名 特許ネゴシエーターの技法3
 〜友好的交渉における“落としどころ”のテクニックとその実践〜
 No.210304253 ISBN4-902003-02-3
定価 ¥5,184(本体価格4,800円、消費税384円)
送料別途 350円

大好評シリーズ第3巻!
“落としどころ”の実現ノウハウを大公開!!
著者 (株)東芝 知的財産部 首席主監(理事) 嵯峨明雄著
定価 ¥4,800
発行日など 2004年3月発行  A5版  276ページ  
内容 ロイヤリティー交渉、隙の無いビジネス交渉や発明者へのメッセージも掲載。「特許ネゴシエーターの技法」(2002年)「特許ネゴシエーターの技法2」(2003年)と併せて硬軟いかなる特許係争にも対応可能。
目次 別途送料が〒350円かかります

第1章 交渉がまとまる場合、決裂する場合のイメージ
 1 交渉代(しろ)の考え
 2 友好協議における交渉代の考え方
 3 訴訟後における交渉代の考え方
 4 交渉代に関する注意点

第2章 訴訟を回避する交渉について
 1 交渉全体の進め方
 2 特許技術論議において
 3 特許評価において
 4 ビジネス交渉において
 5 訴訟回避の技法

第3章 特許ロイヤリティー交渉に現れる典型的エレメント予備知識
      〜ロイヤリティー論議の前提として〜

 1 販売額
 2 純販売額
 3 実施料率
 4 天井・ミニマム
 5 不実施報償料
 6 ワンプライス方式
 7 プールライセンス
 8 特許の価値論
 9 ライセンス形態
 10 許諾特許
 11 許諾製品
 12 契約期間
 13 更改条件

第4章 特許ロイヤリティーの典型的請求方式
 1 ランニング方式
 2 一括金方式
 3 ランニング方式と一括金方式の混合方式

第5章 特許ロイヤリティーに関する論議テクニック
 1 個別論議テクニック
 2 総合論議のテクニック

第6章 ロイヤリティー交渉のシナリオ立案
      〜“落としどころ”を目指した総合分析・判断〜
       (交渉シナリオに基づく仮想やり取り例を含む)

 1 仮想例1:攻撃側(A社)が、所望実施料を目指してロイヤリティー交渉
  を行う場合
 2 仮想例2:受身側(B社)が、事前にマークしていた権利者とロイヤリテ
  ィー低減交渉を行う場合
 3 仮想例3:受身側(B社)が、事前にマークしていた権利者(A社)とのク
  ロスライセンス契約実現を目指す場合

第7章 ネゴシエーターから見た特許論議テクニック
     (特許論議の仮想やり取り例を含む)

 1 特許論議の位置づけ
 2 特許論議の進め方
 3 特許論議の仮想やり取り例

第8章 価値評価論議/ビジネス条件論議のテクニックとそのやり取
     り(価値評価論議/ビジネス条件論議の仮想やり取り例を含
     む)

 1 仮想例1:特許採点結果の料率への反映と特許該当規模論議
   〜A社のみが特許を保有し攻撃側であるとした場合〜
 2 仮想例2:双方向性での価値評価論議
   〜A社・B社共に有力特許を保有していた場合〜
 3 仮想例3:日本特許未登録、対応米国特許は登録の場合
 4 ビジネス条件論議

第9章 未利用特許の活用
 1 待ちの姿勢
 2 懸念の除去
 3 興味を引く仕掛け
 4 積極的売り込み

第10章 “落しどころ”の探り方と上手なシグナル受発信方法
 1 交渉代の復習
 2 BL・ULの感知法
 3 シグナルの発信法
 4 シグナルの受信法
 5 背景状況の変化

第11章 訴訟回避の是非
 1 訴訟回避の利点
 2 訴訟回避の欠点
 3 もう一度、訴訟回避の是非について

第12章 交渉・訴訟の前線から見た発明者へのメッセージ
 1 “淡白”質より、粘液質
 2 何でも特許?
 3 一見広い特許クレーム
 4 “仮想公知例”の勧め
 5 関係技術開示義務
 6 真の発明者
 7 パテントクリアランスの問題
 8 特許交渉への参加
 9 発明者の証人尋問


カゴに入れる


© 2002 ISS Co.,Ltd. All rights reserved.